フリーランス

強制的にフリーランス

そんなわけで会社を解雇されてしまったので

フリーになったわけだけど、今はアニメーターというよりもイラストレーターです。

ただアニメーターの時に学んだ知識と経験があるのでアニメもできるイラストレーターなので他と差をつけられます。

 

とりあえずフリーランスになると社会的にやることがたくさん。

  • 開業届を出す
  • 国民健康保険など保険関係⇒芸術関係ならば文美保険
  • 年金関係
  • 税金の知識
  • 確定申告

これまで会社がやってくれたことも全て自分でやらないといけないので最初が特に忙しい。

でもその経験は確実に自分の力となるし、やらないといけないのでネットで色々調べて1つずつこなしました。

人間追い詰められれば大体できるもの。

自分の場合は確定申告はアニメーター時代に経験済みだったのでそれほど戸惑うこともなくできた。(現在は税理士さんに頼んでます)

フリーランスのいいところ

  • 自宅作業ならば出勤の必要がないので満員電車に揺られることもなく、毎日の移動時間がムダにならない。
  • 音楽かけようが映画見ようがパンツ一丁だろうが裸だろうが好きな環境でお仕事ができる
  • 上司に媚びへつらう必要が無い
  • 嫌な飲み会など出る必要が無い
  • 人間関係が組織の中よりはだいぶ楽。
  • 時間の融通がきく。
  • 疲れたり調子が悪い時はすぐ横になることができる
  • 平日でも外食や遊園地、美術館などにいける
  • 嫌な仕事は断れる
  • 拘束料などもらっていなければ文句を言われる筋合いがない

フリーランスの悪いところ

  • 仕事なければもちろん無収入で死にます。(日本にいる限りまず死なないけど)
  • 営業・交流・すべて自分次第(実力があれば餌をまいてるだけでお誘いが来ます)
  • 成功も失敗も全て自己責任(だから命をかけてやる)
  • 退職金などの万が一がない(正社員でもないところが多い)⇒小規模企業共済で対策可能
  • 孤独になりやすい(孤独が好きなら天国)
  • 暇が怖い(⇒だからいろいろな活動をする)
  • 常に不安(どうせ消えないからとある程度割り切る)

いろいろあるけど対策は可能です。

 

コネも人脈もない場合、自分がブランドなので

なんとしても自分を売っていかないといけません。

自分をブランディング化しないといけないのが大変なので今の時代SNSは必須でしょう。

結果はすぐにはついてこなくても種をまいておくことが肝心。フォロワーはすぐには増えない。

 

仕事がなかったらニート・フリーターと同じなのがフリーランス。

もちろん万人におすすめはしない。

自分も仕方なくなったようなものだが結果的には大正解だったが稀であろう。

ただそのおかげで色々な経験を積めたし、人間的なレベルも会社員よりもぐんと上がった。

頑張れば頑張っただけ自分の力になり、収入も上がるのがまたいいところ。

月収100万超えることも珍しくない。

自分は25歳で年収1000万を超えた。

会社員ではまず無理な数字だしイラストレーターでもあまりいないと思う。

年収100万だった落ちこぼれでも必死で努力すれば(環境次第で)エリートを超えることがあっかもよ。

 

ただこの立場に甘えないで、日々関わって下さる方々に感謝し信頼を裏切らないようにしたい。

没落するときはおそらく一瞬だから。

 

今の環境は勤め人よりは断然自分にはあっている。

ただ自由な時間は正直減った。

ありがたいことではあるけど現状は近所の買い物にも行けない状態が多い。

 

これからは完全に個人の時代だし

個人が企業と張り合える、そんな時代になってきているからお互いに頑張りましょう。

関連記事