仕事で使えるミリペン

アニメーターの道具といえば鉛筆。

でも版権イラストなど仕事の依頼内容によってはペンで書かなければいけない時もあります。

具体的には仕上げの際にIllustratorで線をパスに変換する仕事です。

そのようなときにどんなペンを使ってきたのか、今まで試行錯誤しながら色々なペンを使ってみました。

 

HITEC 

おすすめ度★★☆

細い線が描けるので細かいところをかくにはいいのだけど

すぐにインクが出なくなる。コレはほんとストレス溜まる。

見るからにインクが残っていても出てこない。

ペン先が細ければ細いほどその傾向があるように思う。(0.05とか)


FINEPOINT SYSTEM

おすすめ度★☆☆

ちょっと色が薄い。

あとペン先が貧弱。力を入れて描くと潰れるので筆圧が高い人には向かない。

 

 

ピグメントライナー

おすすめ度★☆☆

高い割に色が薄い。

かき心地は悪くないんだけどCP悪い。

長い時間フタをしなくても乾かないってのが売りらしいんだけどあんまりいらない機能です。

 

 

マルチライナーSP

おすすめ度★★☆

ペン先とインクの交換ができる高級品。

確かにこれの0.03は細いところが描けて重宝する。

ただインクが出づらい印象がある。

あとペン先がもろい。注意して使わないとすぐに曲がって壊れます。

 

FOR DRAWING

おすすめ度★★★

筆圧が高い人でも大丈夫なようにペン先は硬いし

インクの出方もストレスを感じない。にじみにくいし価格も安い。

個人的には一番使いやすく、とってもおすすめ。

コレを使って納品したイラストは数知れず。

 

ピグマ

おすすめ度★★☆

かの有名なピグマですがあんまり好きくない。

値段も高いし発色もあまりよくない。消しゴムかけると薄くなる。

細ければ細いほどペン先もつぶれやすいので注意して描く必要がある。

引っかかりは少ないので描きやすいことは描きやすいのですが。。

消耗品だからいかに安くいいものかという点で見ると微妙ですね。

 

結論

いろいろな線がタダで描けてにじまないし薄くならない

やり直しも何度もできるデジタルが最高!

関連記事